研究テーマの紹介


●ナノ細孔体を用いたハイブリッド材料の開発
分子と同等の大きさ(ナノサイズ)の細孔をもつハイテク粉体であるゼオライトメソポーラスシリカを合成し、これらのナノ細孔や骨格に種々の天然由来原料を導入し、化粧品用高機能材料として活用する研究をすすめています。



①透明で肌に優しい無機UV防御材料

酸化鉄を骨格に組み込んだ、新規なナノ細孔粉体(メソポーラスシリカ)の合成研究をおこなっています。
酸化鉄は高分散状態になると、透明な紫外線吸収剤として活用できます。
有機UV吸収剤やナノ粒子と異なって、敏感肌・アトピー肌の人でも毎日使用できるUVケア化粧品を目指しています。

②光や熱に強い 植物系色素の開発
花・果実・海苔などから抽出されるアントシアニン色素やフィコエリスリン色素をナノ細孔中に固定化する研究をおこなっています。
植物中での安定状態を再現することで、色素の耐熱性・耐光性を高め、蛍光発色などの機能を発現させます。
アレルギーの懸念のあるタール系色素を避け、天然色素のみで作った、安全・安心なメイク化粧品の実現を目指しています。
 

③環境と身体に安全な天然フォトクロミック材料
フォトクロミック色素は光を照射すると色が変化する色素です。汎用のフォトクロミック色素は合成品であり、化粧品や食品には直接使用できません。
穀物のタカキビなどに含まれている天然色素である3−デオキシアントシアニジンは紫外線の照射で赤く着色し、遮光条件では消色していく性質をもっています。
我々は化粧品や食品に用いることのできる溶剤・粉体と3−デオキシアントシアニジン色素を組み合わせることで、フォトクロミック粉体を開発することに成功しました
化粧品・食品・玩具へのインクジェット印刷への応用を目指しています。

④界面活性剤を用いない乳化
サンスクリーンやファンデーションなどの乳液作成には、界面活性剤は不可欠ですが、界面活性剤が不必要に肌に浸透すると肌荒れや刺激をおこしがちです。そこで肌に浸透しない代替技術として、有機表面処理をした粉体(界面活性粉体)による乳化が注目されています。
我々は、ナノ細孔体を界面活性粉体として活用する研究をおこなっています。従来の表面処理手法に加えて、細孔に各種有機分子を内包させることで精密に有機無機性を制御する技術に取り組んでいます。


唇を美しく・オイルゲルを高機能に


①美唇の研究と唇用新素材の探索

唇は角層が最も薄く、皮脂腺も存在しない無防備な部位です。そのため乾燥、色くすみ、硬化、アレルギーなどのトラブルが頻発します。

だが面積が小さく繊細なので、肌に比べて研究が充分におこなわれていません。
例えば
①水分補給のために舐めると、唇がますます荒れるのはなぜ?
②リップクリームは唇に良いのに、ほとんど同じ原料を用いている口紅やグロスを塗ると唇が荒れるのはなぜ?
などは、謎とされています。

我々は唇を徹底的に科学して、美唇の実現に必要な保湿剤や血行促進剤の探索をおこなっています。
植物由来の唇に優しいゲル化剤を開発し、理想の唇を実現するリップクリームへの応用に取り組んでいます。

②オイルゲルの品質向上
ワックスやゲル化剤を用いてオイルを固化し、得られた油性固形物(オイルゲル)を利用するという技術は、口紅スティックをはじめとして、リップグロス、リップクリームなど口唇化粧品分野で最も有効に活用されています。
オイルゲルに対する技術課題はまだまだ多く、
例えば、

口紅スティックの硬さや塗布性能を自由に制御したい。
・もっと多様なオイルを固化したい。
・硬度の変化やオイルの分離を起こさない、安定な固化をさせたい。
など、更なる技術発展が望まれています。

私たちはワックスやゲル化剤などの分子が油性固形物の中で形成しているミクロ構造を解析し、この構造と油性固形物の物性との関連を明らかにすること。そしてミクロ構造を精密に制御できる素材や製造技術を開発することで、上記の技術課題を解決することを目指しています。