2017年2月19日日曜日

日本化学会春季年会で発表します

日本化学会 第97春季年会が、2017年3月16日(木)~19日(日)
慶應義塾大学 日吉キャンパスで開催されます。
http://www.csj.jp/nenkai/97haru/index.html

本研究室では、化粧品の材料に関する4つの研究成果を発表します。
新M2が二人、新M1が登壇します。

1E7-36 口頭A講演
2017年3月16日14:50-15:00
吸湿性を調製した天然色素3-デオキシアントシアニジンカプセルのフォトクロミック特性
○三原麻衣・柴田菜穂・柴田雅史

3-デオキシアントシアニジンは、特殊な構造をしたアントシアニンで、紫外線照射による赤色着色と暗所での消色を繰り返すことができる。ただそのフォトクロミック挙動の発現は色素溶液状態に限る。本研究では穀物からHPLCによりとりだした3-デオキシアントシアニジンの溶液を粉体化することを目指し、多孔質粉体に溶液を保持させた場合のフォトクロミック挙動を調べた。

1PB-191 ポスター
2017年3月16日 12:30-14:00
柑橘類に含まれるフラボノイドのメソポーラスシリカへの吸着とその紫外線吸収剤としての特性
○ピヤラッタナワッタ ウィワンタニ・相馬美里・湖上静香・柴田雅史

シークサーサーに含まれるフラボノイド類はメソポーラスシリカ(MPS)の細孔内に安定に吸着される。本研究では、吸着されたフラボノイド類の量をHPLCで調べ、吸着量と紫外線吸収能の関係を明らかにした。またシークワーサーとMPSの複合体を乳液に配合したときの紫外線防御能を調べた。

3B6-34 口頭A講演
2017年3月18日 14:30-14:40
ワックスとポリグリセリン脂肪酸エステルの混合によるオイルゲル硬度の制御
○遠藤みどり・柴田雅史

ワックス結晶により形成される油性ゲルであるワックスゲル(口紅スティックなどの基剤)は、微細で均一な板状結晶になると高いゲル硬度とオイル保持性を発現する。本研究では、食用添加剤(乳化剤)でもあるポリグリセリン脂肪酸エステルを添加することで、種々のワックスの結晶形状や粒径を制御できるかの検討をおこなった。

3B6-50 口頭A講演
2017年3月18日 17:10-17:20
オレンジラフィー油の物性と化粧品用オイルとしての性能
○清水太基・柴田雅史

天然エステルオイルは種類が少なく、化粧品で使用できるものはホホバ油とオレンジラフィ油だけである。
両者は僅かな分子量差であるが、実際に化粧品に配合すると多様な性能差がみられる。

2017年1月5日木曜日

油性ゲルの技術セミナーを開催します

 <製品性能を向上させる隠れた重要素材>
油性ゲル化剤・増粘剤の作用機構と化粧品・食品・医薬品への活用
-品質トラブル解決や新製品開発へのヒント-

●日時 2017年3月2日(木) 13:00-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階研修室

 http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA170351.php

■講演ポイント
 油性ゲル化剤・増粘剤は化粧品分野において、メイクアップ製品やメイク落としなどの基剤として用いられているだけでなく、乳化系での増粘剤、安定剤としても活用されている。また、食品分野でも、洋菓子、マーガリン、チョコレートなどでの製品で油脂結晶の調整や成長抑制、飽水性・乳化性能の改質のために用いられており、最近では水添油脂の代替技術としても検討が進んでいる。医薬品分野においては軟膏・パッチなど経皮吸収製剤の基剤として用いられており、浸透性の良否にも重要な影響を与えている。
 油性ゲル・増粘剤の選定の基本は、各種オイルを所望の物性になるようにすることであるが、オイルが分離したり、あるいはゲル硬度や粘度が経時によって変化するなど品質安定性をおこさないことも重要である。また、上記分野の製品は肌に直接触れたり食べたりするものであることから、ゲルを崩して「塗布する感触」や「溶け心地」など高度な物性制御も望まれている。
 各分野用に多様なゲル化剤が市販されているが、物性・品質・感触の観点から製品に適した適切なゲル化剤を選択し、場合によっては組み合わせて使用することが必要になる。そのためには各ゲル化剤の「ゲル化の機構」を理解し、そのゲル化剤の得意不得意を踏まえて製品設計をおこなう必要がある。

 本セミナーでは、ワックス類なども含めた多種多様なゲル化剤について、その作用機構に基づいた分類とそれぞれのゲルの物性の特徴、そしてこれらがおこしがちな品質トラブルについて解説をおこなう。実例としては、最も多様なオイルとゲル化剤が活用されている分野のひとつである「化粧品用のゲル」を題材とするが、作用機構や品質トラブルはどの分野に置いても共通であることから、課題解決や新製品開発のための手がかりになると考られる。また、現存のゲル化剤・増粘剤の課題を紹介し、新規なゲル化剤開発のヒントを提供したい。

2016年12月9日金曜日

今年最後の油性ゲルセミナーを開催

化粧品・食品・医薬品の製品性能を大きく左右する油性ゲルの物性制御技術
オイルのゲル化技術と物性制御 ~油性ゲル化剤の特性からトラブル対策まで~
主催:産業科学システムズ
日時 :2016年 12月13日(火)
会場: 産業科学システムズ会議室(東京都千代田区富士見1-5-1)
★講座の概要★ 油性ゲルは口紅スティック、リップグロス、アイライナー、ファンデー ションなど化粧品を中心に食品・医薬品の基剤として広く活用され、オイルゲルの物性を 制御する技術は、使用感触・製品安定性をはじめ製品外観や塗布後の美しさなど製品性能 に密接に関わっています。本講座では
1 オイルゲル化剤の種類とゲル化可能なオイル、ならびにゲル物性との関連を体系的に 解説します。2 応用編として、化粧品・食品・医薬品における油性ゲルの最新技術につ いて解説します。3 起こりがちなトラブルとして、ブルーミング、発汗、ゲル物性の変 化について、その発生機構と抑制のための考え方を説明します。

2016年11月30日水曜日

芋煮会 ポカポカ陽気

11月29日に片倉つどいの森公園で、恒例の芋煮会を決行!
今年はスケジュールが合わず、約1ヶ月遅れ。
11月に大雪が降ったので、寒さに弱い柴田は心配していましたが、
思いの外ポカポカ陽気で助かりました。
このイベントをもって、乾杯奉行も代替わりです。

2016年11月15日火曜日

顔料物性講座で「メソポーラスシリカの色材としての利用」のレクチャーを実施

第41回 顔料物性講座  分散制御と新素材
主 催 (社)色材協会関東支部顔料部会, 顔料物性研究会
趣 旨 今回の顔料物性講座では、「分散制御と新素材」をテーマとし、メソ細孔シリカと天然色素との融合、ビーズミル分散技 術、イカ黒色素粒子、量子ドット、分散安定化技術をピックアップしました。各講師の方々はこの分野で活躍されている研究者で、 一歩踏み込んだ技術性の高い講演を基礎から応用までわかりやすく講演していただきます。
開催日 2016 年 11 月 15 日(火)10:00~16:40
場 所 東京塗料会館

第1講
水系/油系への分散が良好な多孔質粉体の化粧品用色材への応用
東京工科大学 応用生物学部 教授 柴田 雅史
ナノサイズの均一な細孔を有するメソ細孔シリカは、その合成条件によって水系及び油系溶媒へ高分散な粉体 となり、活性剤フリーの粉体乳化能を有する。またその細孔中に天然色素などを吸着させることで、化粧品用 色材としての応用も可能となる。

2016年11月5日土曜日

日本油化学会界面科学部会秋季セミナーで講師を担当

第 63 回界面科学部会秋季セミナー
化粧料・洗浄料の先端技術とその応用
主催:日本油化学会 界面科学部会
平成28年10月31日(月)〜11月1日(火)
IPC 生産性国際交流センター(神奈川県三浦郡葉山町湘南国際村)
化粧品・トイレタリー、洗浄料の開発においては、界面に着目した技術開発が日々行われ、ヒッ ト商品につながっています。これら製剤技術、物性評価、構造評価について最先端の研究に取り組 んでいる研究者に基礎から応用まで講演していただきます。また、講演者、参加者同士で交流を深 め、研究者・技術者ネットワークをひろげてみませんか。

ーーーーーーーーーーー
8講. 油性ゲルの物性制御と化粧料への応用
13:50-14:50
東京工科大学 柴田 雅史 氏
化粧品に用いられる油性ゲル化剤・増粘剤の種類と、ゲルの硬さ・塗布のしやすさ・オイル 保持性などのゲル物性が発現する機構との関連を解説します。また口紅スティック、リップグ ロス、乳化製剤など化粧料を狙いの性能にすることや安定性を向上させるためのゲル化剤の選定・使用方法を紹介します。

2016年10月16日日曜日

色材研究発表会で学生が発表をおこないました

2016年度 色材研究発表会(色材協会)
日時 平成28年10月13日(木)・14日(金)
会場 大阪大学会館 (大阪大学 豊中キャンパス)

コウリャン由来 3-デオキシアントシアニジン色素の複合化粉体とそのフォトクロミック特性
 (東京工科大学 応用生物学部, 静岡大学 工学部 )
○三原麻衣, 柴田菜穂, 河野芳海, 柴田雅史

2016年9月29日木曜日

高校で出張授業をおこないました

2016年9月28日に白梅高校にて出張授業(生物部門)をおこないました。
高校は家から自転車で行ける距離にあります。
ーーーー
「皮膚の保湿機構とそれに基づいた洗顔剤の設計」
皮膚には潤いを保つ機構が備わっていますが、それを健康な状態に保つには洗顔が不可欠です。洗顔剤の主成分である界面活性剤の種類と役割について解説し、どのような考え方で洗顔剤が設計されているのかを紹介します。
ーーーー
多くの高校生が参加してくれて、授業も盛り上がりました。

2016年9月28日水曜日

コロイド討論会(日本化学会)で発表がおこなわれました

半固形状オイルゲルの塗膜物性
(東京工科大)  ○飯塚悠弥・柴田雅史
化粧品におけるオイルゲルの物性評価は、実際の使用を考えると塗膜の状態で評価するのが好ましい。本研究では、結晶化度の異なるゲル化剤で調製した半固形状オイルゲルの物性をQCMを用いておこなった。その結果、高結晶性ジエステル型ワックスが、増粘効果、チキソトロピー性の観点から、優位であることが明らかになった。また結晶化度の低いジエステル型ワックスと併用することで、性能向上が見られた。
(オーラル発表・9月22日)

日本化学会コロイドおよび界面化学部会
第67回コロイドおよび界面化学討論会
2016年9月22日〜24日・北海道教育大学旭川校
http://colloid.csj.jp/div_meeting/67th/

2016年9月23日金曜日

技術者向けセミナーを開催しました

油性ゲル化剤・増粘剤の作用機構と化粧品・食品・医薬品への活用
-品質トラブル解決や新製品開発へのヒント-
情報機構セミナー

於 大田区産業プラザ(PiO)
2016年9月13日